東街道


「奥州街道」以前の陸奥国の主要道路

東街道と呼ばれるようになったのは、江戸時代になってからでですが、古代では「東山道」、中世では「奥大道」として利用されてきた 街道です。 千貫―北目―笠島―塩手―箕輪―熊野堂を通り、名取川を渡って富沢に出て宮城野を経て、多賀の国府に至っていました。 時代の変遷とともに、道筋は何度も変わりました。当時は未だ奥州街道ができる以前だったことから、主要幹線道路として機能し、 沿線には多くの遺跡や物語が伝わっています。

エリア 愛島
アクセス 下記 URLの地図でご確認ください(名取市商工会提供)
URL http://natori.in-shoko.com/map/kaidou.html

関連記事

熊野本宮社

全国で唯一、熊野三山からそれぞれ分霊された名取熊野三社のひとつです

館腰神社

弘法大師が分霊したとされる由緒ある神社

ページトップへ