熊野本宮社 (くまのほんぐうしゃ)


全国で唯一、熊野三山からそれぞれ分霊された名取熊野三社のひとつです

別名、本宮十二神とも称されており、祭神は家津御子神(けつみこのかみ)という作物の神です。
現在地には万治元年(1658年)に遷宮し、以前は現在地より 500mほど離れた小館と称する山上に鎮座していたと伝えられています。
現在では500年前に山伏から伝えられたという、 市指定無形民俗文化財である『熊野十二神鹿踊』は、踊り手は世襲制で
引き継がれています。
他にも、現在は行われていませんが、下増田の北釜へ神輿を運ぶ「お浜下り」や「流鏑馬」 なども伝えられていました。

・春例祭: 4月第3日曜日頃
・秋例祭:10月第1日曜日頃

エリア 高舘
住所 名取市高舘熊野堂字五反田34
駐車場 あり(無料/普通車20台程度・大型バス可)
アクセス 乗合バス「なとりん号」相互台線  「那智が丘入口」停留所下車 徒歩約15分
MAP

関連記事

仙台カントリークラブ

太平洋を見渡す素晴らしい景観を満喫しながらプレーを楽しんでください。 ナイスショット!

ページトップへ