笹かまぼこ


笹かまぼこは名取発祥ってご存知でしたか?

仙台藩の領内には白砂青松の海岸線が50里あまり続き、見事な平目の宝庫でした。中でも、伊達藩直轄の閖上港は活気がありました。 閖上のトイタ網漁法でとれた大漁の平目を保存加工することに着目したのが、この地で慶応年間より魚を商っていた今でも続くかまぼこ屋さんの祖先です。 練って焼いて「手のひらかまぼこ」として明治23年頃に世に送りだし、これが笹かまぼこの始まりとなりました。 手作りの技と味を先代より今に伝えています。

提供店

佐々直

名取市増田字柳田353-1 /022-395-5155 詳細はこちら

ささ圭

名取市増田三丁目10-13  / 022-384-8185 詳細はこちら

買える・食べられるお店

関連記事

名取産のせり鍋

名取のセリは、市場では「仙台せり」として知られ、栽培は380余年の歴史があります。 名取名産のしゃきしゃきのせりをしゃぶしゃぶ感覚で味わって下さい。

ページトップへ