中将藤原朝臣実方の墓 (ちゅうじょうふじわらあそんさねかたのはか)


源氏物語の主人公 光源氏のモデルといわれる藤原実方の墓です

平安時代中期の公家・中将藤原朝臣実方は和歌に優れた才能があったといわれ、中古三十六歌仙の1人です。 また、源氏物語の主人公・光源氏のモデルともいわれています。 実方は藤原行成とのいざこざから、天皇より陸奥守に任ぜられ陸奥国へ下りました。 ある日、笠島道祖神前を通る時に、神前であるため馬から降りるべきところをそのまま通ってしまい、神罰が下って落馬し この地で亡くなりました。 この非運な死を哀悼して、西行法師や松尾芭蕉、正岡子規が名取の地を訪れており、墓の近くには実方を偲んだ西行の歌碑と 芭蕉の句碑があります。

エリア 愛島
住所 名取市愛島塩手字北野42
連絡先 022-384-2111(名取市役所 文化振興課)
駐車場 あり(無料・普通車5台程度)
アクセス 【バス】乗合バス「なとりん号」北目上原線 「道祖神前」停留所下車 徒歩約12分
MAP

関連記事

館腰神社

弘法大師が分霊したとされる由緒ある神社

ページトップへ