あんどん松


250年の歴史を刻むクロマツ並木

名取川河口近くの南側堤防沿いに、140mに渡って続くクロマツ並木です。
樹高25m以上、幹周3m以上の木も多く、現存する日本全国のクロマツ並木の中でも特筆されます。
仙台藩初代藩主 伊達政宗により遠州(現在の静岡県浜松市周辺)から取り寄せて植えたもので、現在残っているのはその一部です。
地元の漁師が灯台代わりの目印に使っていたとも伝えられています。
現存する46本の松は大震災をに耐え、変わらない姿で今も残っています。

エリア 閖上
住所 名取市閖上字新大塚
駐車場 なし
アクセス なとりん号 バス停:閖上小学校前下車 徒歩15分
MAP

関連記事

熊野神社

名取熊野三社のひとつで、中心的存在です

ページトップへ