東日本大震災に関して


犠牲者を一人でも少なくするために重要なことと考え、修学旅行その他の防災教育を兼ねたツアーに協力させて頂きたいと考えています

※Googleマップより、赤丸が閖上(ゆりあげ)地区

宮城県名取市は、仙台市の南に隣接した、人口およそ7万人の市です。

名取市は東日本大震災の津波被害が甚大で、市内で911人の方が亡くなりました。

とりわけ、名取川河口の閖上(ゆりあげ)地区は、宮城県海沿いでは唯一の市街化地域であり、住宅密集地であったことから、特に多くの方が被害に逢いました。3.11当日NHKの空からの映像に映しだされたこの地域は、津波により一瞬にして多くの家が流され、町が流出しました。

震災が風化していく中、これを伝えていくことは、将来、どこかで起き得る災害の被害を少しでも小さくし、犠牲者を一人でも少なくするために重要なことと考え、当観光物産協会においても修学旅行その他の防災教育を兼ねたツアーに協力させて頂きたいと考えています。

まだまだ復興が遠く、震災の爪あとが残っております。実際に現地を訪れることにより、震災の被害の大きさを体験できるものと思います。一人でも多くの方に体験頂きたいと思います。

どうぞ、当協会事務局まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

エリア 閖上
住所 宮城県名取市閖上
連絡先 名取市観光物産協会/TEL:022-382-6526
定休日 土・日・祝日
MAP

関連記事

慰霊碑

亡き人を悼み故郷を想う 故郷を愛する御霊よ 安らかに

東日本大震災に関して

犠牲者を一人でも少なくするために重要なことと考え、修学旅行その他の防災教育を兼ねたツアーに協力させて頂きたいと考えています

ページトップへ